2017年3月11日土曜日

人像軽量化のこころみ

私の作る撮影用の人像(自分ではこう呼んでいる)は、丸彫りの等身像と等身レリーフ上半身の二種がありますが、等身レリーフ上半身は電車で私ひとりで撮影に行けるように作ったものです。これはレリーフの性質から撮影アングルが正面のみに限られます。
車での移動が必要な丸彫り等身のタイプを一人で電車で撮影に行けるようにできないかと考え、ボディー部を張り子紙に置き換えることにしました。これが成功しましたので報告します。
頭部と手は木彫等身像から共有させます。


木彫の人像から直接張り子をとる。まずは離型のための古新聞を糊をつけずに貼る。

張り子紙を貼るための生麩糊。


張り子用の漉き返し和紙を生麩糊で貼る。


木彫人像から張り子紙を剥がし、木彫の頭部を入れて裏から頸受け部を張り子で作っているところ。

収縮がはげしく麻糸で縫わなければ閉じなかった。


シナベニヤのリブを入れる。


リブ製作用の木彫像の断面図をとるために大型のマーコが必要になったので、スチレンボードを使って簡易的にマーコを作った。


リブに板を渡して写真三脚(撮影時の下半身の役目)のネジ穴を設ける。


そろった張り子の部品。退けてしまった部分に張り子紙を足していったのだが、収縮とイタチごっこになり、最後は耐水性を持たせながら貼るために絵画用のアクリル・エマルジョンで張り子紙を貼り足した。


露出する部分を絵画用アクリル絵の具で塗る。なお、木彫の人像にはバネを使って間接部を連結したが、張り子タイプには輪ゴムを使った。



張り子タイプの人像を使った初めての撮影行の荷姿。かなり大型のゴンゴロゴロゴロです。バスには乗せてくれました。







代々木公園 音楽堂にて







2017年3月8日 赤旗

2017年3月8日の赤旗で、さる2月11日に新橋 ARATETSU UNDERGROUND LOUNGE でおこなわれた 日倉士歳朗 SOLO LIVE のもようを増渕英紀さんが連載の中で書いてくれました。




私と日倉士さんとの間で、日倉士さんとうちのボブを共演させる計画は何年も前からはなしにあがっていたことで、よく知った 新橋 ARATETSU UNDERGROUND LOUNGE に日倉士が出演することを知り、急きょボブとともにおじゃましたしだいです。「エリック・クラプトンには絶対歌えないクロスロード」(日本語の)を歌う日倉士さんですが、「エリック・クラプトンには絶対呼べない羨望のスペシャルゲスト」と紹介していただきました。





2016年11月10日木曜日

脇取りの刃を切り出し小刀に

脇取り鉋の刃 (千代鶴是秀 作) を切り出し小刀にしたい、という相談を受けて、中や作次郎 作のガガリをご褒美としていただきました。
ま、それは置いときまして。

脇取りの刃を傷めずに着脱式にして使いたいとのことです。
脇取りの刃は彫刻刀と厚みが逆のテーパーですから工夫が必要です。
「木工具・使用法」より複写
よっぽどの高級な普請で現在、脇取り鉋脇取りを使うことがなどあるのか、ないのか知りません。ルーターに取って代わられた道具ですよね。切り出しとして使いたいという気持ちは分かります。


割り矧ぎに適した尾州ヒノキを選んで彫り込んでます。


構造は簡単。刃が出きった位置にテーパー・キーを入れることにしました。


こんなかんじですね。おしりの方から刃がヌルっと出てきます。


出来上がりです。

できた柄を土田さんに褒めてもらう。こんなことを数十年くり返してきた。これは土田さんからの依頼じゃありませんが。




で、作次郎のガガリですが、曲げてあるコミを延ばすことにしました。



かじやでこじった後、トーチで炙って延ばしてます。
鋸身は濡れタオルで養生。


さらに常温で金敷上でまっすぐに。


無事に直りました。


「風俗画報」より車大工
私と持ち方が違いますが、この使い方が好きなので橦木の柄を挿げたいと思います。



2016年11月4日金曜日

アナモフィック・レンズをつけたAPS-Cデジタルカメラでスチル撮影


以前に露天の古物市で買いのがしたアナモフィック・レンズを最近になって手に入れました。Kowa Prominar Anamorphic です。35mm映画用のもので、木箱に入った2本組で売られてるのも見ました。上映用で映写機の切り換えに2本必要だったのでしょう。高価だったと思います。フィルム上映の機会が減り働き場を失ったのでしょうか。
アナモフィック・レンズは以前から興味があり古本屋で買った「映画撮影」で大まかな知識を得ました。表紙にアナモフィック・レンズでの撮影ネガが載ってます。

左が通常のスタンダード・サイズの映画の撮影ネガ「りんご園の少女」。右の「男はつらいよ(夜霧にむせぶ寅次郎)」を横に伸ばして反転してみます。」
左側が少しケラレているのは上映フィルムではサウンド・トラックが入るのでよいのでしょうね。




これが手にいれた Kowa Prominar Anamorphic レンズです。
鏡胴の黒い部分は紙を一枚介してちょうど収まった82mm径のレンズ・フードで、これでカメラ側のレンズと連結させたが簡単にとれなくなってしまいました。アナモフィック・レンズはコンバーション・レンズで撮影用、上映用は同一です。



カメラ側は50mmレンズではケラレ、手持ちのレンズでは Super-Takumar 85mm f1.9 が使えました。


試写に出かけます。



撮影したものを1:2.35の矩形に伸ばす。簡単な作業。










85mmレンズのAPS-C撮影ですから105mmを超える望遠になるはずですが、画角としては標準レンズ感覚に近く感じました。標準レンズで撮って上下をカットすればイイじゃないかと言われればそれまでですが。


試写でカメラ側のレンズのヘリコイドにかなりの負担がかかることがわかりました。レンズのプラケットが必要です。自作することにします。






二度目の撮影、駒沢公園に出かけます。

撮影前に建物を基準にアナモフィック・レンズを回転させて垂直を出してるところ。


申し遅れましたが、私のカメラは PENTAX K-3 。PENTAX はフルサイズ機が出ましたが、この遊びはAPS-Cならではですね。












歪曲も感じられないとおもいます。左右に伸ばしたことによる画像の劣化もそれほどでもない気がします。
感覚からいってもうちょっと伸ばしてもよいと感じ、駒沢公園での撮影は1:2.6ほどにしました。音声トラックで削られるわけですから、そのぶん撮影ネガでは左右に圧縮されてたかもしれません。
このカメラを持って「男はつらいよ」ロケ地めぐりなどどうでしょうか。





2016年9月24日土曜日

RW計画 写真館に行く

展覧会用の作品作りに、川崎にある三陽会館サンヨーフォトスタジオに姪を連れて行きました。

もとは結婚式場もやっていたそうです。


衣装も豊富で、色々な撮影に対応しているようです。
初回は成人式仕様の着物姿でお願いしました。初回と申しますのは、2回に分けて行ったためです。


すべて、写真館のスタッフにおまかせです。着付けの先生です。「この人、文句言わなくていいわ」と言ってくれました。私の仕事は姪を立たせることです。

姪が意外に大きかったので着物が小さく、おはしょりがきれいに出なかったのが着付けの先生の悔いが残るところだったようです。

写真館の社長と私。社長は妥協を許さないマイスターです。


データでもらって帰りました。家のパソコンで開くと写真館のカメラの解像度にビックリしました。デジタルの最先端はここまで行っているのかと。




2回目の撮影日です。こんどはお見合い写真仕様。
1回目の撮影の経験から、ゾウリと足袋を購入して準備万端でした。しかしこの日は立たせるのに難儀しました。後で分かったのですが、膝のボルト穴がじょじょに木ごろしされていたようで、ネジの切ってないボルトの円筒部までねじ込まれていたのです。これはひとまわり短いボルトに換えて、今は解決してます。




もらったデータは、ほとんどいじる必要もなく、家のエプソンの顔料プリンターとマット紙で試し焼き。

データと試し焼きプリントだけ持って、新宿にあるエプソンの貸し暗室 (epSITEプライベート・ラボ)に行ってきます。


家と同じタイプの顔料プリンターに、同じ紙でしたので、A4の試し焼きを1枚やっただけですぐに幅660mmのロール紙の本番へ移行。




第45回齣展での展示状況です。

上下の余白を含めた長さがエプソンでの料金的な単位でしたが、それがちょうど掛け軸風の形態になりました。スチレンボードで裏打ちしてあります。
これで同時に二つの年齢差の個体がいることがわかってもらえると思います。