2021年7月30日金曜日

つんぼ号を研ぐ

新潟県東頸城郡の現在上越市に吸収された地域にある父の郷里で、一家に一丁はあるつんぼ号の鉈ですが、特徴としては片刃で横方向に裏スキがあり、先端はタガネで切りっぱなし、背側に肉抜きの打痕が一列か二列にならびます。おもて側はほぼ火造りで、ざっとハスにヤスリがけがあるといったかんじです。無銘であるか、あるいは◯にイ、二、スなどの刻印(販路をしめすのか)、後年には「つんぼ」の刻印があるものもあります。
先日私が東頸城に行った際、親戚から研ぎを頼まれ持って帰ってきました。

うちにも一丁、今はない東頸城の家から持ってきたものがあるのですが、関東の両刃の鉈に慣れてしまっているせいか彫刻作品に使ったことはありません。ちょっとどういうふうに研いでいいか分からないところがあります。ウラを平らな板に乗せますと、まるっきりチャンチキでとても鉋のようにウラを押すことができないのです。

そこで、高田のつんぼ号のお店で買ってきた菜切包丁を思い出しました。'90年代でしょうか、もう生産はやめているというはなしでしたので、どこかのOEMものかと思ってたんですが、どうもつんぼ号で作ったもののような気がしてきました。これが鉈とおなじ形式の片刃なのです。片刃であれば両刃のような鋼を地金でサンドイッチにしたものよりも、おもいっきり焼きが入れられますから切れるわけですが。

菜切りなので、これは両刃のように研ぐのではないかと思って。


これは親戚から研ぎを頼まれて持って帰った鉈。
幅が残ってますが、古めのかんじがします。山七のタガネ銘は販路の金物店から頼まれたのでしょうか。使っていた家の屋号ではありません。



実際問題として、ウラは手元を浮かせて。
これしかやりようがありません。刃返りを軽く取り去る程度に。



サビと白ペンキを掻き取りました。まだまだ使えます。親戚宅ではこれを風呂炊きの薪づくりに使ってます。現役です。


かんたんにサヤを作ってあげました。




2021年7月21日水曜日

高田世界館に行ってきました


梅雨明けした高田、高田世界館に行ってきました。


ひょっとしたら祖父の代から、この映画館を利用してきたかと思うと感慨深いです。



10時からの上映は「ブータン 山の教室」。泣けたね。


休憩時は換気のためか窓を開けて空気の入れ替え。


格天井。


入り口に展示してあったフィルム映写機。
シネマスコープのアナモルフィックレンズがついてますね。


高田は「雁木のまち再生」活動があって、高田世界館はその中核のような気がします。私は「高田」と言ってますが正確には上越市です、父の郷里も今は上越市に吸収されてます。なにかと用事があり、行った際にはまた高田世界館に寄りたいと思います。



親戚の家から研ぎを頼まれて持ち帰った、高田の鍛冶屋:つんぼ号の鉈。






2021年6月18日金曜日

第10回 平和美術展

家に残っているスライドを出してきて修復するきっかけがあったんですが、その後別に選別された箱がみつかり、せっかくですので修復作業の続きをやりました。建て替える前の東京都美術館の大彫刻室が写ってたのでお見せします。

オリンパスペンSで撮られたハーフサイズのスライド



第10回平和美術展とあります。平和美術展は初回が1952年ですから、これは1961年だと思います。翌年の第8回世界青年学生平和友好祭 ヘルシンキ大会(1962年)への募金箱があるのでつじつまが合います。


この階段と天窓は記憶にあります。


Nie! とドイツ語なので、この壁面はドイツからの招待作家でしょうか。


ブルガリアからの招待作家のようですが、このキャプションの字はざんねんながら読めません。


この鉄製の台座は今でも東京都美術館で使われてます。


佐藤忠良 1961年作の「仔羊」ですが「農婦」という題です。


岩野勇三 作ですが題名が読めません「◯つ女」でしょうか。
「岩野勇三作品集」講談社のカタログレゾネにある「むすめ」1961年作 木彫 准等身 (消失)だとおもわれます。






デュープした状態のポジフィルムです。このようにカビとビネガーシンドロームにやられてました。


なるべく残った粒子を活かすべく、色域選択をもちいてマゼンタのみになってしまった色を寒色に振ることを少しずつ繰り返しました。


最後にゴミやカビ跡をスポッティングした様子です。
このコマはマウントから出さなかったので、アルコールで拭いたゴミが枠周辺に集まっちゃってますね。






2021年6月13日日曜日

色温度計アプリを買ってみた

色温度計アプリを買ってみました。
反射だと固有色をひろってしまうのか、この場で4200K〜5200Kと振り幅がおおきい。半透明のキャップをつけてみると4600K〜4800Kとなり、なんとか使えそう。なにかアクリルの半球がほしいとところです。



ナツメ電球を切断し、ダイヤモンド砥石で切断面をたいらに研いだ。

100均でスマホ用のコンバーションレンズを購入。

サランラップ上で半球の切り口にエポキシで足をつけた。

スマホ用コンバーションレンズのクリップ部に半球を接着。
このコンバーションレンズは偏光レンズと望遠のレンズのネジ径が一緒で、2つ買ったので残ったクリップ部を共有。

パソコンの画面に「白」画像を出して測ってみる。



自撮り側のレンズを使用したところ。

白熱電球を測ってみる。

その場の定常光にプラスして充電式のLED照明を使いたかった。色温度計は3000Kちょっとをしめしてたので、色温度可変のLED
照明を最低の3200Kに。

補助光のLED照明なし。カメラのホワイトバランスはオート。

補助光のLED照明あり。


いまのところ、自撮り側のレンズより背面のレンズのほうの値が正確なのではないかという気がします。なにせ正式な色温度計はお高いですから、しばらくこれを使ってみたいと思います。







2021年5月28日金曜日

PRNTAX Q7 にグリップをつけた




山桜材の木取り




グリップに4mmのネジ穴を貫通させ、鬼目ナットを埋め込む。
割れるおそれがあるのでクランプで締め付けて。



これは失敗!ネジ穴周辺が危ういものになってしまった。


アルミの板を作り直し。


向かって右にずらした三脚ネジ穴用のメタル留めネジは、長くネジの出た三脚はつかえてしまう場合があるが、これ以上厚くしたくない。六角穴付きボルト、メタル止めネジ2個の厚みを揃え完成。



カメラが小さいのはとてもありがたいのですが、構えると手のひらが余ってしまう。つかみそこなって落とす危険もあります。手ブレ防止すくなくとも1段ぶんは効果あると思います。

2021年5月27日木曜日

Femme fatale 展 (女展) に出品しました



2週間立ちっぱなしでお疲れさま。

「Femme fatale 展」58() 523(
FEI ART MUSEUM YOKOHAMA 終了しました。 来ていただいた方ありがとうございました。


2021年5月7日金曜日

フェイ・アート・ミュージアム・ヨコハマ Femme fatale 展 に出品します。




Femme fatale 展」 (女展) 58() 523()

10:00 19:00 ( 最終日 17:00 まで ) 月曜休廊

FEI ART MUSEUM YOKOHAMA 

神奈川区鶴屋町3-33-2 横浜鶴屋ビル1F

Tel. 045-411-5031

月曜休廊

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。



岩野亮介 彫刻展 におでかけくださいましてありがとうございます。

ウイルス禍のなか、小金井 ギャラリーブロッケン における「岩野亮介 彫刻展」43() 411(に、おでかけくださいましてありがとうございます。













4月9日(
金曜日)には、
町田謙介さんにギャラリーライブをやっていただきました。ほどよく盛況のうちに行われました。